Event

イベント内容

Talk

TEDxToyohashiUT では、最先端の領域で活躍されているスピーカーを招き、プレゼンテーション形式の発表をして頂きます。

TED Talkの視聴

TEDxToyohashiUT では、TEDトークをいくつか放映し、参加者の皆様と時間を共有します。

アフターパーティー

TEDxToyohashiUT では、すべてのトーク・セッション終了後、アフターパーティーを開催いたします。

展示

スポンサー企業様の展示や豊橋技術科学大学に関する展示を予定しています。

スピーカー

石田 誠


「88番目の国立大学である豊橋技術科学大学を日本有数の研究大学に

研究者・大学教員

石田誠は、1979年に京都大学にて工学博士号を取得。その後、39年間にわたり豊橋技術科学大学に勤務してきた。現在は、豊橋技術科学大学の名誉教授・特別顧問である。「88番目に設立された国立大学として、伝統ある大学と同じことをしていては、88番目になってしまう」との初代学長の榊米一郎先生の言葉を胸に、大学の発展に貢献してきた。大学として世界的に類を見ない半導体チップの試作が可能な施設・研究所の設立や、21世紀COEプログラムと呼ばれる文部科学省の事業への採択など。現在も、名誉教授・特別顧問として様々なことに挑戦を続けている。

Robert Hilke


「異なる常識を持つ人材の集まるグローバルな環境で最大限の力を発揮する方法」

企業研修トレーナー

元国際基督教大学専任講師。 University of California 大学院修了(言語学)。異文 化研修およびTOEIC、TOEFL、GREなど、テスト対策 のエキスパート。各試験対策講座を国際的な大企業向け に年間約250日行なう。TOEIC 関連セミナーでの教授 歴は30年近くにおよぶ。「TOEIC 200点アップ請負 人」として頻繁にメディアに登場、TOEIC対策の第一 人者として、多くの受験者の信頼を集めている。著書に、 『TOEIC®テスト完全教本 新形式問題対応』(デイビッ ド・セインと共著、研究社)のほか、「頂上制覇 TOEIC® テスト 究極の技テクニック術」シリーズ全 6 巻(研究社)、『新TOEIC® テスト 直前の技術』『 新 TOEIC® テスト「 直前」模試3回分』(アルク)など多数。

菅野 流飛


「イノベーターである高専生が幸せなキャリアを歩む方法。」

1983年生まれ。東京高専物質工学科2004年卒業。東京工業大学生命理工学研究科博士課程2009年中退。2009年よりSpeee、リブセンス、リクルート住まいカンパニー、m-gramとスタートアップ/ベンチャーを渡り歩き、事業部長、事業開発リーダー、COOなどを歴任。2014年より高専キャリア教育活動をライフワークとして行っており、高専生向けキャリア講演会の企画/運営、100名以上の高専生へのキャリアアドバイス、クラウドファンディングを通じたプロダクト開発支援などを継続してきた。元東京高専特別客員准教授。東京高専同窓会役員(企画担当)。

Mairead Offord


「日本という異文化の中で疎外感とともに育った経験から気付いた大切なこと。」

英語講師

1996年オーストラリア キャンベラ生まれ。岐阜県本巣在住。

2004年両親が英語教師として日本へ移住することになり、8歳の時から岐阜県本巣郡北方町で育つ。キャンベラで小学校入学(1-4年生)し、その後岐阜県内で小学校・中学校・高校・大学課程を修了。日本語を母国語とする大人がいない家庭状況でもマレードは両親、友人、そして熱心な教師に支えられて言語を学び、日本語能力試験N1に合格。調理師免許取得。大学では心理学の学位を取得し、現在は大垣市の私立高校で英語講師として勤務。
趣味は日本料理の食べ歩きとイラスト。

マーティンセン礼美子


「楽園での幸せな生活から一転悲しみの底に沈みながらも、前を向いて人生を歩むヒントを日英同時通訳でお届け。」

全国通訳案内士。司法通訳。岐阜県大垣市出身。高校卒業後ハワイへ留学。1988年ホノルル市にて国際法律事務所に勤務し、移民法など民事における通訳・翻訳を担当。1990年帰国後フリーランス通訳・通訳。
英検1級, TOEIC985満点、通訳案内士国家資格取得。英語で子育てをした経験を活かしてTOEIC、TOEFLなど英語検定対策の指導と海外高校・大学留学中の学生サポートに従事。日系人の夫と娘の3人暮らし。豊橋市在住の息子2人がいる。趣味はウクレレとイラスト。

Bilguundemberel Sainbileg


第一印象の科学と時代の変化。人はなぜ第一印象で他人のほとんどを決めるのか。

モンゴル科学技術大学のツイニングプログラムから2018年の春、技科大1系の三年生として入学した留学生。一緒に入学した10人のモンゴル留学生の一人、モンゴル方面ではプログラムの学生員会を立ち上げ、委員会長として活躍していた。それ以外に国際ユースフォーラムでプレゼンやっていた経験あり、ディベート競争の経験がある。

※順不同